ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

wordpress プラグイン

Google AdSenseでページ単位のポリシー違反警告が来ちゃった!「Widget Logic」でWordPreaaのウィジェットを記事単位で制御!

投稿日:

Widget Logic

昨日の深夜にGoogle AdSenseからメールが届いており、気になって中身を見ると「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」ということでページ単位の違反をしているとのことでした。

アカウントの違反ではなくて安心したのですが、内容を確認してみると『プルームテックに互換アトマイザーを使うのが最もオススメ』の記事が「タバコに関するコンテンツについて」の規約に違反しているとのことでした。

とりあえず記事内のAdSense広告のタグは全部削除したものの、サイドバーに掲載している広告は個別で非表示にしなくちゃと思いプラグインを探していたら「Widget Logic」というプラグインを使えば記事単位で制御できるようなので早速設定!

Widget Logicの使い方

Widget Logicをインストール

まずはWordPreaaの管理画面から「プラグインの追加」を選択し、「Widget Logic」と検索をするとプラグインが見つかりますのでインストールをしてから有効化します。

Widget Logic

Widgetの設定

「Widget Logic」を有効化するとWidgetの書く設定項目内に下記の画像のような「ウィジェットのロジック」という項目が追加されています。

Widget Logic2

ここに「!is_single(array(〇〇〇,△△△)) 」という記述を追加します。〇〇〇や△△△の部分に非表示にしたい記事のIDを追加します。複数ある場合には「,」で区切っていけばOK!これで記事内からも共通サイドバーからも該当コンテンツでAdSense広告を非表示にすることができました。

AdSenseに審査のリクエストも忘れずに

問題ページの修正が終わったらしっかりとAdSenseに審査のリクエストをしましょう。Google AdSenseからポリシー違反というメールがきて焦るかもしれませんが、落ち着いて対処すれば簡単ですので、焦らずに確実に修正をしましょう!

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-wordpress, プラグイン
-, ,

Copyright© ログ日記 , 2019 All Rights Reserved.