ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

wordpress プラグイン

プラグインを使ってWordPressデータベースを最適化「WP-Optimize」の使い方

更新日:

WordPressの表示速度高速化を狙う際に地味ながらも確実に効果を出せるのがデータベースの最適化です。WordPressではリビジョンという自動バックアップのような機能があるため便利な一方、このリビジョンがデータベースを膨大にして表示速度を遅くしてしまうことにもなります。
しかし、WordPressプラグインの「WP-Optimize」を使うことで簡単にリビジョンを最適化することができます。

WP-Optimizeの使い方

WP-Optimizeはプラグインの新規追加で「WP-Optimize」と検索すると見つけることができます。プラグインをインストールしたら有効化してください。

WP-Optimizeを有効化すると管理画面のメニューに「WP-Optimize」という項目が追加されますのでクリックすると下記のような画面に移ります。このまま「PROCESS」をクリックすると投稿のリビジョンと承認していないコメントやスパムコメントを削除することができます。

以上でリビジョンを簡単に削除することができます。普通にブログとして使っている場合はこれだけで十分です。また、WP-Optimizeは常時起動する必要がないプラグインですのでデータベースの最適化が終わってしまったら停止し、月に一度メンテナンスの時に有効化するなどといった使い方が有効です。少しでもWordPressの高速化を目指してリビジョンにまで気を付けているのに、不要なプラグインを淹れておくことで表示速度に影響を与えてしまっては本末転倒ですし。

また、WP-Optimizeでは固定ページのリビジョンを削除することはできません。固定ページのリビジョンを管理するには別プラグインの「Revision Controll」が必要となります。こちらも併せて使うことでWordPressのリビジョンをより最適化することができます。

関連記事:Revision Controllの使い方

プラグインを使ってWordPressデータベースを最適化その2「Revision Controll」の使い方


Pick UP!
東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-wordpress, プラグイン
-, , , ,

Copyright© ログ日記 , 2020 All Rights Reserved.