ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

wordpress プラグイン

WordPressサイトの表示速度向上について

更新日:

WordPressサイトを運用していると表示スピードはとても気になるところです。そこで今回から複数回にわたってWordPressサイトの高速化について書いていこうと思います。

なんで高速化が必要なの?

「ホームページの表示速度が遅くても閲覧ができるのだから問題ないじゃん」というご意見もごもっともですが、ホームページの表示スピードを早くすることには大きなメリットがあります。

訪問者の離脱防止につながる

せっかくホームページに来ていただいた訪問者の方がいるのにコンテンツがいつまでも表示されないまま真っ白な画面のままだったらどう思うのでしょうか。せっかく魅力的なコンテンツがあったとしても訪問者は離脱してしまうでしょう。ホームページ内の巡回も少なくなってしまうでしょう。

検索順位が上昇する

Googleの検索エンジンの評価項目にサイトの表示速度が含まれています。訪問者を増やすためにもサイトの表示速度向上は重要です。

WordPressの表示速度をあげる方法

WordPressサイトの表示速度を上げる方法はたくさんあります。代表的なものにはキャッシュを利用する方法がありますが、そのほかにもたくさんあります。

サーバー変更が一番効果的で手っ取り早い!(2016年12月追記)

細かい調整や最適化を何度も試行錯誤しながら行ってきましたが一番効果があったのがサーバーを『XSERVER』に変更したことです。サーバーを変えるのにはちょっと手間がかかってしまいますが、細かい調整を繰り返して時間をかけて少し改善するよりも多少の手間で大幅に効果がでるならば『XSERVER』に変えるのがオススメです。






『XSERVER』に変えた後で下記の高速化対策を行うことでページ表示速度は大幅に改善できます。

ソースコードの最適化

画像の最適化

データベースの最適化

https://xn--gckc8cya7i0b6m.xyz/wordpress/178/

プラグインを使ってWordPressデータベースを最適化その2「Revision Controll」の使い方

キャッシュの利用

データの圧縮

表示速度の課題を見つける方法

体感で計るのもありですが、課題を発見できるツールを使うと効果的に改善することができます。代表的なものを紹介しますがどちらも登録不要でURLを入力するだけで計測することができます。

PageSpeed Insights

Googleが提供しているツールがPageSpeed Insightsです。日本語に対応しているためわかりやすいのでオススメです。

GTmetrix

GTmetrixは英語のためちょっとわかりにくいですが、GoogleのPageSpeed Insightsよりも細かく問題個所がわかるので、突き詰めるには最適なツールです。




最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-wordpress, プラグイン
-, , ,

Copyright© ログ日記 , 2020 All Rights Reserved.