ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

wordpress

カスタムタクソノミーを記事ページに表示させる方法

更新日:

WordPressのテーマでは大抵記事のカテゴリーを記事ページの中に表示してくれるようになっていますが、カスタムタクソノミーについてはまずありません。

そもそもカスタムタクソノミーって何?という方もいると思いますので簡単に説明をするとカテゴリーとは別に新たに自分で設定できるカテゴリーのようなものという認識でオッケーです。カスタムタクソノミーを使うことでコンテンツを様々な方法で分類できるのでとても便利です。

さて、そんなカスタムタクソノミーを記事の中で表示させる方法ですが、『get_the_term_list』という関数を使うと簡単に表示させることができます。get_the_term_listを使いこなすとWordPressサイトの一歩進んだカスタマイズができるようになりますよ。

get_the_term_listの使い方

get_the_term_list関数でその記事のタクソノミー情報を取得し、リンク付きで出力をしてくれます。使い方はとても簡単で下記のコードをカスタムタクソノミーを出力したいところに追加します。
[html] <?php echo get_the_term_list($id,$taxonomy,$before,$sep,$after); ?>
[/html]

get_the_term_listのパラメーター紹介

$id:投稿ID。「$post->ID」とすれば開いている投稿のIDを取得できます。
$taxonomy:カスタムタクソノミーの名前:出力したいカスタムタクソノミーの名前を入力します。
$before:カスタムタクソノミーの前に表示させる文字です。文字の他にHTMLでの記述もできます。
$sep:カスタムタクソノミーが複数ある場合に区切りとして表示させる文字です。こちらもHTMLでの記述もできます。
$after:カスタムタクソノミーの後に表示させる文字です。こちらもHTMLでの記述もできます。
※使用しないパラメーターは省略しても大丈夫です。

例えば「station」というカスタムタクソノミーを表示させ、タクソノミーの前に「最寄駅」と表示し、区切りには「|」を指定する場合には下記のコードになります。
[html] <?php echo get_the_term_list($post->ID,station, '最寄駅:', ' | '); ?>
[/html]

通常のブログであればカスタムタクソノミーを使うこともあまりないのですが、こだわったサイトを作るのならカスタムタクソノミーはとても便利です。カスタムタクソノミーを指定したからには記事の中でも使いたいですよね。
今回のget_the_term_list関数を使えば簡単にカスタムタクソノミーを表示させることができますのでWordPressサイトのカスタマイズのためにぜひとも覚えておきたいコードです。





Pick UP!
グルメやイベント、アイドルにゆるキャラ情報など日本全国の面白いご当地ニュースをご紹介
ご当地ニュース

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-wordpress
-, ,

Copyright© ログ日記 , 2020 All Rights Reserved.