ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

サーバー

サーバーをConoha Wingに変更!管理画面を更新したときにエラーになるときの対処法

投稿日:

ConohaWing

サーバーをConoha Wingに変更しました

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいましたが長らく使用していたXSERVERをやめてConoha Wingに変更しました。なぜかというとPage Speed Insightsでページの表示速度が遅いということがあったので探しているうちに評判のいいConoha Wingというサーバーを見つけました。

Conoha WingはXSERVERを意識しているようで表示速度のアピールやXSERVERからも簡単に移行できるという記事も多数存在しているので私もXSERVERからConoha Wingへの移転を決意して早速申し込み移転作業を開始しました。移転作業自体はスムーズに完了!

移転後に見つかった小さなトラブル

Conoha Wingに移転するときにはまれにトラブルが発生することがあるようでしたが、幸いにも私の環境下では問題は発生していないようで安心していたのですが、Post snippetsを更新するときやテーマを外観から編集するときなどに変更を保存できなかったり、Forbiddenと表示されて編集するrことができないことに気が付きました。

Forbiddenってなに?

エラーコードは下記のようなものが表示されます。

The server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct. Please confirm the value.

意味としては(サーバーはページの参照を拒否します。URLまたは値が正しくない可能性があります。値を確認してください。)とのこと。サーバー側が参照を拒否しているために変更をできない状態になっているようです。

問題はWAFの設定。

WAFとはWebアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策のことです。セキュリティ対策が働きすぎちゃってサイトの更新を妨げているのでこのWAFを一時的に無効にすることで管理画面内でのプラグインの設定変更やテーマファイル内の設定を更新することが可能になりました。

ConohaWingのWAF

WAFの設定変更は「サイト管理」→「サイトセキュリティ」からWAFをOFFにすることができます。また、上の画像の下部に攻撃として防いだ記録が残っており、除外設定をすることでいちいちWAFのONとOFFを切り替える必要がなくなります。編集にWAFが悪影響を与えている場合があるとはいえサイトを守ってくれるシステムですのでWAFの変更忘れなどには気を付けて安心安全にサイトを運営していきましょう!

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-サーバー
-, ,

Copyright© ログ日記 , 2019 All Rights Reserved.