ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

ゲーム モンスターハンター

モンハンワールドで歴戦古龍の調査クエストを効率的に集めるにはキリンよりネルギガンテがオススメ!

投稿日:

歴戦古龍の調査クエスト集めを効率的に集めたい

武器のカスタム強化に必要な「猛者の竜脈石」や「英雄の竜脈石」を集めているのですがお気に入りの武器の「英雄の竜脈石」が出にくいですよね。ただでさえ「英雄の竜脈石」が出にくいのにそこからさらに自分が使う武器が出るかということまで含めると根気よく歴戦個体の調査クエストを周さなくてはいけませんよね。

しかし、歴戦古龍の調査クエストがすぐになくなってしまうし、救難信号のクエストを受けようにもあっという間にうまってしまい救難信号では参加するのも一苦労。

探索クエストをやってもなかなか集まらないし、地道に救難信号に参加できるまで繰り返そうかなと思っていたところ、ネルギガンテが何時も同じところでウロウロしていることに気が付きました!これでもしかしたら楽に痕跡を集めて調査クエストが見つかるかもしれない!

隠れ身の装衣を使ってネルギガンテの痕跡を楽々集め

モンスターハンター:ワールド_20180317012257
ネルギガンテはハンターを発見するまで龍結晶の地のエリア14でウロウロしています。ということは見つかりさえしなければ痕跡を集め放題。ここで隠れ身の装衣の出番です。正直あまり使っていなかった隠れ身の装衣ですがここにきての大活躍!


隠れ身の装衣さえ着ていればこんなに近づいても発見されません。足跡などの痕跡が楽に集まります!

必要なのは隠れ身の装衣のみ!プラスで整備と研究者スキルがあればなおよし

隠れ身の装衣があればネルギガンテから楽に痕跡を集められるのですが、さらに効率を求めるなら整備スキルと研究者スキルがあると便利。

リオハートメイルαとリオハートグリーブαがあれば整備スキルを最高のレベル3まですることができます。整備レベル3になると特殊装具の再使用時間が20%も短縮できるので効率が上がります。一度隠れ身の装衣を使った後はエリア9や12で鉱石を掘って獄炎石を集めたり鉱石を売って資金にするなどをすれば一石二鳥!


研究者スキルの効果は大型モンスターの調査・研究が進みやすくなるということですが、体感的には調査レポートが集まりやすくなるような気がします。研究者スキルはハンターヘルムαで発動できます。

今回の痕跡集めでは戦闘をする必要がないので歴戦古龍の痕跡を集めるようなハンターのみなさんなら簡単に作成できますよね。

キリンと違って何かをしながらでも痕跡集めができる!

キリンは隠れ身の装衣が必要なく痕跡を集めることができますが、キリンは常に移動をしているのでひたすら追跡をする必要があります。しかしながらネルギガンテは決まった場所で常にウロウロしているのでラクチン。例えば隠れ身の装衣を使った後は鉱石集めをしたり、スマホゲームをしていてもいいんです!

ネルギガンテで痕跡を集めて歴戦古龍に挑もう!

今回紹介した痕跡を使えば30分で5~6個は歴戦古龍の調査クエストが手に入ります。唯一のハードルとしては最初にネルギガンテの歴戦調査クエストをとることだけ。この方法を使って効率的に歴戦古龍の調査クエストを集めましょう!


Pick UP!
東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-ゲーム, モンスターハンター
-

Copyright© ログ日記 , 2020 All Rights Reserved.