ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

登山・アウトドア

冬山登山もこれで快適!買ってよかった飛行帽

投稿日:

飛行帽

寒い冬山登山も温かく快適!

冬の雪山ってとっても寒いですよね。登山用のウェアを着ても寒い物はやっぱり寒い。特に手や足、頭などの末端から冷えてきちゃうんですよね。

2017年12月に千畳敷カールから乗越浄土まであるいたときに大活躍したのがアマゾンで購入した「飛行帽」。

飛行帽

耳元まですっぽりと覆うデザインで内側にはフェイクファーまでついているので温かく、イヤーマフなども不要というのが嬉しいところ。しかもコットンが入っているので衝撃を受けてもクッション効果も多少ではありますが期待できるというところもいいですね。

登山に飛行帽 ここがよかった

雪山でも温かくて快適!

12月で標高2,000m級の雪山で、気温は-5℃くらいでしたが全く寒くなく快適でした。風が強くなってきたらあごのベルトを締めたり、暑いと思ったらベルトを外すことで気軽に調節できるのも便利でした。

とにかく目立つ!

私自身冬山登山中に飛行帽をかぶっている人を見たことがありませんでした。やはりニット帽をかぶっているひとが多いのですが、私はニット帽が全く似合わないので避けてました。そんなときに飛行帽の存在を知って実際に雪山で使ったところ、すれ違う人から「その帽子かっこいいですね!」とか「どこで買ったんですか?」など頻繁に声をかけてもらいました。他の人とちょっと違った物を好きな人にも飛行帽はオススメです。

意外と安い!

今回冬山登山で使った飛行帽はAmazonで購入したのですが、お値段は約2300円。格好良くって温かい上にお手頃価格なのは嬉しいですね。

登山に飛行帽 ここはいまいち

フェイクファーが結構抜ける

これはしょうがないかもしれませんがフェイクファーが抜けて服や髪にくっついちゃいます。そういうもんだと割り切ればいいし、何回か使っていると抜けも少なくなるように思います。

普段使いにはちょっと勇気がいります

冬山で目立ち、格好いいとはいえ街中で飛行帽をかぶるのは勇気がいります。「山」という非日常空間で山用ウェアを着ているからこそ飛行帽を下部っても違和感ないのですが、街中で使うには目立ちすぎるので使う機会が中々ありません。

まとめ

冬山登山で飛行帽は意外にアリです。ただし、目立ちます。本当に目立ちます。なんせコスプレ用に買う人もいるらしいので。しかし、ニット帽はちょ0っと・・・って人にはぜひ飛行帽を使ってみてほしいです。


Pick UP!
東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-登山・アウトドア
-, , ,

Copyright© ログ日記 , 2020 All Rights Reserved.