ベンチャー企業の執行役員がゲームやカメラなど、いろいろ書いていきます。

ログ日記

家計管理・貯蓄

7月上旬からでも夏本番に間に合う!緑のカーテンで光熱費を節約

投稿日:

7月上旬からでも夏本番に間に合う!緑のカーテンで光熱費を節約

7月上旬からでも夏本番に間に合う!緑のカーテンで光熱費を節約

今から植えるなら、苗から挑戦!

緑のカーテンを植えるとすだれのように家の中まで日が入ることを防ぎ、室内の温度の上昇を抑える働きがあります。特に東や西からは朝日や夕日が入るため気温上昇につながります。上手に緑のカーテンを利用し、光熱費を削減したいですね!

今年は緑のカーテンをしそびれてしまったわ、と言う方も多いのではないですか?通常緑のカーテンをしようと思えば、4月末から6月上旬までに苗を植える必要があります。ですがあきらめなくても大丈夫!今からでもポイントを押さえれば緑のカーテンが作れます。では、早速遅く植えてしまっても間に合う緑のカーテンのポイントです。

ツルがよく伸びる種類を選ぶ

苗を選ぶときに大切なのは、元々よくツルが伸びる種類を選ぶことです。種からだと生長に時間がかかるのでホームセンターなどで勢いよく育っている苗を選んで買ってきましょう。朝顔なども緑のカーテンに使われますが、今からだとツルの伸びるのが早いキュウリやゴーヤがオススメ。

同じゴーヤでも、緑のカーテンに特に向いている葉の多い種類もあります。ホームセンターで「緑のカーテン向き」など書いてある場合もあります。ただ、緑のカーテン向きの苗は葉は多く実を付ける量が少ない種類を選んでいる場合もあるのでたくさん実をとりたい場合は実がしっかりできる種類を選びましょう。

ずばりオススメはキュウリとゴーヤ!今からでもよく育つ野菜を選ぶ

キュウリは植え付け時期いが4月から8月と長い植物です。今からでも十分育てることができるので遅くなってしまっても大丈夫!早くに植えた苗はお盆より前に苗が終わりを迎えるのに対して、これから植える苗は秋まで収穫が可能なのもうれしいですね。

ゴーヤに適した植え付け時期は6月上旬までで気温25度から30度でよく育つ植物です。ですが、今からでも10cm以上に伸びたしっかりした葉の苗を選び、しっかり行きつくまで水やりをしっかりしてあげることで行きつきます。ゴーヤは一番伸びる時期だと一日に10cmもツルを伸ばします。なので、ちゃんと行きついてくれれば生長が早いので十分カーテンの役目を果たしてくれます。


Pick UP!
東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

-家計管理・貯蓄
-

Copyright© ログ日記 , 2020 All Rights Reserved.